语法部分

1、名1は 名2より 一类形/二类形です

  比较“名词1”和“名词2”,“名词1”比“名词2”更具有形容词所表示的性质时使用这个句型。

  (1)李さんは 森さん より 若いです。(小李比森先生年轻。)

  (2)中国は 日本 より 広いです。(中国比日本辽阔。)

  (3)上海は 北京 より にぎやかですか。(上海比北京热闹吗?)

  程度的差异较大时用副词“ずっと”加以强调。

  (1)中国は 日本より ずっと 広いです。(中国比日本辽阔很多。)

2、名1より

  比较“名词1”和“名词2”,“名词2”比“名词1”更具有形容词所表示的性质时使用这个句型。

  (1)日本 より 中国 の ほうが 広いです。(与日本相比,中国更辽阔。)

  (2)北京 より 東京 の ほうが 暖かいです。(与北京相比,东京更暖和。)

  (3)大阪 より 東京 の ほうが にぎやかですか。(与大阪相比,东京更热闹吗?)

3、名1は 名2ほど 一类形く ないです/二类形では ありません

  比较“名词1”和“名词2”,“名词1”比“名词2”更不具有形容词的性质时使用这个句型。句尾必须使用否定形式。

  (1)東京の 冬は 北京の 冬 ほど 寒く ないです。(东京的冬天没有北京的冬天那么冷。)

  (2)神戸は 大阪 ほど にぎやか では ありません。(神户没有大阪那么繁华。)

  (3)わたしの 部屋は 王さんの 部屋 ほど きれい では ありません。(我的房间没有小王的房间那么整洁。)

4、名1の 中で 名2が いちばん 一类形/二类形です

  在某个范围内,表示“名词2”最具有形容词的性质时使用这个句型。“名词1”为表示“名词2”所属范围的名词。

  (1)スポーツ の 中で サッカー が いちばん おもしろいです。(在各种体育活动中,足球最有意思。)

  (2)日本料理 の 中で 寿司 が いちばん おいしいです。(日式饭菜中,寿司最好吃。)

参考:

  如“名词1”表示场所或时间,则后面不加“の中”,而使用“名词1[场所/时间]で いちばん 一类形/二类形 名2は 名3です”的句型。

  (1)日本で いちばん 高い 山は 富士山です。(日本最高的山是富士山。)

  (2)一年で いちばん 寒い 月は 2月です。(一年当中最冷的月份是2月份。)

注意:

  日语中的“いちばん”虽然相当于汉语“最”的意思,但两者用法不同。汉语的“最”可以用于不明确指出比较对象或范围的情况,日语的“いちばん”只能用于“~の 中で”“~で”等明确指出比较对象或范围的情况。

5、名1と 名2と どちらが 一类形/二类形ですか

  询问两种事物当中哪一种更具有形容词的性质时使用这个句型。“どちら”是二者选一时使用的疑问词。回答时使用“~の ほうが…”。如果两者程度相当,则使用“どちらも ~です”。“どちら”在口语中有时说成“どっち”。

  (1)日本語 と 英語 と どちらが 難しいですか。(日语和英语,哪个难学?)

  ―日本語 の ほうが 難しいです。(日语难学。)

  (2)コーヒー と 紅茶 と どっちが 好きですか。(咖啡与红茶,更喜欢哪个?)

  ―紅茶の ほうが 好きです。(更喜欢红茶。)

  ―どちらも 好きです。(哪个都喜欢。)

  询问的范围为两种事物时,无论是人是物还是时间,都可以使用“どちらが”。但询问的范围为三种以上的事物时,则不能使用“どちら”。

6、どの 名/いつ/どれ/だれ/何が いちばん 一类形/二类形ですか

  询问三个以上事物当中哪一个更具有形容词的性质时,根据所询问对象的不同,需区别使用几种疑问词;是人则使用“だれが”,是物则使用“どの ~が”“どれが”或者“何が”,是时间则使用“いつが”。

  (1)この 中で どの 料理 が いちばん おいしいですか。

  ―この 料理 が いちばん おいしいです。

  (在这些菜当中,哪个菜最好吃?——这个菜最好吃。)

  (2)季節の 中で いつ が いちばん 好きですか。

  ―わたしは 春 が いちばん 好きです。

  (四个季节当中,你最喜欢哪个?——我最喜欢春天。)

  被选择的事物已见于上下文或存在于眼前时,使用“どの ~が”或“どれが”,反之则使用“何が”。

  (1)リンゴ と ナシと バナナの 中で どれが いちばん すきですか。(苹果、梨和香蕉当中你最喜欢什么?)

  (2)果物の 中で 何が いちばん 好きですか。(水果当中你最喜欢什么?)

以上就是日语等级为初级的语法解读了。若有想要学习日语的小伙伴,可以扫描下方二维码,免费学习日语知识噢^^