新标准日本语初级:第11课小野喜欢歌曲 语法

语法部分

1、名1は 名2が 一类形/二类形 です

  “好きです”“嫌いです”“怖いです”等表达情感的形容词可以以“[名词1]は [名词2]が [一类形容词/二类形容词] です”的句型使用。“名词1”表示情感的主体,“名词2”表示情感的对像。

  (1)小野さんは 歌 が 好きです。(小野女士喜欢唱歌。)

  (2)王さんは 肉 が 嫌いです。(小王不喜欢吃肉。)

  (3)林さんは 犬 が 怖いです。(林先生害怕狗。)

2、名1は 名2 わかります/できます

  “分かります”“できます”“上手です”“下手です”“苦手です”等有关能力的词语也可以以“[名词1]は [名词2] が [动词]ます/ [一类形容词/二类形容词] です”的句型使用。

  (1)スミスさんは 韓国語 が 分かります。(史密斯先生懂韩语。)

  (2)わたしは コンピュータ が できません。(我不会用电脑。)

  (3)小野さんは 料理 が 上手です。(小野女士擅长做饭。)

3、名 や 名

  第4课我们学习了相当于汉语“和”“跟”意义的助词“と”。助词“や”与“と”一样,也且于连接名词,两者的差异在于“と”用于列举所有的项目,而“や”用于只列举许多项目中的两项,相当于汉语的“~呀~什么的”。并且“や”常常和“など”呼应使用,构成“や…など”。

  (1)吉田さんは 時々 中国や 韓国へ 行きます。(吉田先生有时去中国呀韩国什么的。)

  (2)森さんは サッカーや 野球が 好きです。(森先生喜欢足球呀棒球什么的。)

  (3)わたしは お店で 野菜や 果物などを 買いました。(我在店里买了蔬菜呀水果等等。)

4、“~から”和“だから”[原因、理由]

  说明原因、理由时用助词“から”。“から”位于陈述原因、理由的小句的句尾。通常是在说明原因、理由之后再陈述结论,但有时也可以先陈述结论再说明原因、理由,不过无论是哪一种情况,“から”都须接在表示原因、理由小句的句尾。构成复句的句子我们称之为小句。

  (1)森さんは お酒が 好きですから、毎日 飲みます。(森先生喜欢喝酒,每天喝酒。)

  (2)寒いですから、まどを 閉めます。(因为太冷了,我要把窗户关上。)

  (3)窓を 閉めます。寒いですから。(我要把窗户关上,因为太冷了。)

  “だから”是表示原因、理由的连词,意思相当于汉语的“所以”,其比较礼貌的说法是“ですから”。助词“から”构成表示原因、理由小句的一部分,而连词“だから”独立使用在结果的句子前面。

  (1)金さんは やさいが 嫌いです。だから あまり 野菜を 食べません。(金女士不喜欢蔬菜,所以不怎么吃。)

  (2)あしたは 休みです。ですから、こどもと 動物園へ 行きます。(明天休息,所以我跟孩子去动物园。)

5、频率的副词

  “いつも”“よく”“時々”“たまに”“あまり”“全然”等是表示频率的副词。“あまり”“全然”后面须接否定形式。

  (1)わたしは たまに コンサートへ 行きます。(我偶尔去听听音乐会。)

  (2)李さんは 時々 映画を 見ます。(小李有时看电影。)

  (3)田中さんは あまり 横浜へは 行きません。(田中先生不太去横滨。)

6、どうしてですか

  询问事由时使用“どうしてですか”,相当于汉语中“为什么”。回答时在谓语后面加“から”。

  僕は 来月 また ここへ 来ますよ。(我下个月还来这里。)

  ——どうしてですか。(为什么?)

  ——ここで 友達の 結婚式が ありますから。(因为朋友要在这里举行结婚典礼。)

以上就是日语入门初级的课文了。若想学习日语的小伙伴,可以扫描下方二维码,免费学习日语知识噢^^