听写酷是新部落的一个在线学习新系统。内容包括NHK新闻听力(慢速&标准),初级听力,动漫日剧听力,能力考试题听力等真题听力。中高级听力真题听写,适用于能力考N1-N3水平。

2013年01月10日新闻:

日语原文:

騒音や老化などで、耳の奥にある聴覚の細胞が壊れると難聴になりますが、薬剤を使ってこの細胞を再生させることに、慶応大学などのグループが、マウスの実験で成功しました。難聴の新たな治療法につながる可能性があると期待されています。耳の奥にある「有毛細胞」と呼ばれる聴覚の細胞は、音を電気信号に変え、脳に伝えていますが、騒音や老化、それに抗がん剤の副作用などで壊れてしまうと難聴になります。慶応大学医学部とアメリカのハーバード大学のグループは、有毛細胞の周りの細胞が受けている、特定の刺激をなくすと、有毛細胞に変化することに注目しました。そして、別の薬を開発する過程で見つかった、この刺激を抑える薬剤を、難聴にしたマウスの耳の奥の「内耳」に投与したところ、3か月後には、低い音を認識する部分で有毛細胞がおよそ1.5倍に増えたとしています。さらに、薬剤を投与したマウスに複数の音を聞かせ、脳に流れる電気信号を測定したところ、いずれも低い音域である程度反応が改善していたということです。生きた動物で有毛細胞を再生させ、聴力の改善を確認したのは世界で初めてだということで、研究グループでは難聴の新たな治療法につながる成果だとしています。

参考翻译:

由于噪音及老化等因素,会造成耳内听觉细胞损坏导致听力衰退,而最近由庆应大学等机构组成的研究组通过小白鼠试验成功研发出使用药剂就可以使这些细胞再生的方法。因为可能与听力衰退的新的治疗法密切相关而备受期待。在耳内名为“有毛细胞”的听觉细胞负责将声音转变为脑电信号,并传达至大脑,然而由于噪音、老化及抗癌剂的副作用等因素,会造成细胞损坏,从而导致听力下降。由庆应大学医学部和美国哈佛大学组成的研究组把焦点放在“若将有毛细胞周围的细胞正在接收的某种特定刺激消除,这些细胞就会变为有毛细胞”这一点上。同时,在其他药物开发的过程中发现,把抑制这种刺激的药物放在听力衰退的小白鼠耳内的“内耳”位置,3个月后识别低音部分的有毛细胞增长了约1.5倍。另外,给放入药物的小白鼠听几种声音,并测定其脑内流动的脑电信号时发现,每只小白鼠对低音区域的反应都得到了一定程度的改善。这是世界首例在活体动物上令有毛细胞再生使听力改善的实验,因此研究组将其作为与治疗听力衰退的新方法密切相关的一项成果。

想知道完整版原文?到听写酷练练这篇听力吧>>

小编提醒:

如果你还不知道怎么开始练习日语听力,或者不知道从什么资料下手,那就来参加听写酷吧!

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关推荐:NHK新闻站>>