《黑执事》讲述的故事发生在19世纪,在英国名门贵族凡多姆海伍家,有一位神秘、优雅、十全十美的执事,他就是“黑执事” 塞巴斯蒂安。塞巴斯蒂安必须答应主人各种任性的要求,优雅达成不可能的任务。为了主人,塞巴斯蒂安将尽心服侍、实现主人所有的愿望。虽然这部动漫已经上映了有8年之久,但是这个优雅的管家给各位动漫爱好者留下了不可磨灭的印象。下面我们一同来看一下这位管家在动漫中的经典日语台词吧!

  一度うしなってしまったものは二度と戻ることはない。

  一旦失去的东西,就再也不会回来了。

  一部のもの、あなたどのように努力しますが、すべて挽回せません。

  有些事情不管你怎么努力都无法挽回的。

  ファントムハイヴの執事たるもの、このくらいできなくてどうします?

  身为凡多娒海伍家的管家,连这种事都做不到有怎能成事呢?

  分かりません、このような程度の事の簡単な絶望。

  真是不明白,为了这种事情就轻易的绝望。

黑执事动漫日语-苏州日语培训-苏州日语

  ゲームを途中で放りだすのは趣味じゃない。

  我不喜欢游戏半途而废。

  お遊びはのちほどといたしましょう。

  想要玩的话,请稍等一会儿。

  子供はゲームに貪欲なんだ。

  孩子对游戏总是很执着的。

  神を信じるものがお前を召喚するものか?

  相信上帝的人还会召唤你吗?

  迷いの森で足をしなう。

  失足于迷途之林。

动漫日语-苏州日语学习-苏州日语培训班

  主人でいうとおりでございます。わたくしは、あくまで執事ですから。

  正如主人所说,我只是个管家罢了。

  死者の目に魅入られる。

  被死者之眼所迷惑。

  内の執事は、有能だ。

  我家的管家,有才。

  あなたは、だからいつも屋敷内は走るなと言っているでしょう?

  你啊,我不是一直说不要在屋子里跑的吗?